top of page

モードとコードの境界線『On Green Dolphin Street』 アナライズ編



セッション定番曲 On Green Dolphin Street 作曲者はBronisław Kaper

マイルスのレコーディングより、ジャズのスタンダードとして定番曲となったこの曲をアナライズ!

コードやメロディを確認します


On Green Dolphin Street聞いてみよう!

ぜひ聞きながら読んでください

コード進行を分析しよう!

色んなKeyで演奏されることがある曲ですが、今回はKey in Ebで考えてみましょう

この曲はABACというフォームをしていて32小節の定番のフォームです

Aパートはトニックベースペダルを演奏するのが定番です

ペダルをコード表記するときに、分数のような表記があります。分子の部分はコード、分母ではベース音が指定されています。このようなコードをオンコードや分数コードと言います

Ebをそれぞれのコードの中心的な音として捉えるような引力を持っています!


Aパート

Aパートは調性がころころと変わって行きます


・EbM7はトニック

・Ebm7はエオリアンスケールです

このようにEbメジャーからEbマイナーへと転調するのは同主調転調といいます

元の調の3度,6度,7度が半音さがります

この曲では、メロディが短7度へと下がります


・F7/EbはEbのリディアンスケール

マイルスのソロはF7を意識した歌い回しですが、コルトレーンのアドリブはEbイオニアンスケールを使う場面も多いです

現代的な解釈だと、F7(#11)と解釈すればEbリディアンオーギュメントスケールと解釈することもできます


・EM7/Eb はEbフリジアン(Eリディアンと捉えてそう)解釈です

素直に捉えるとEbリディアンからEリディアンへ半音釣り上がったような音運びです


・EbM7はトニックでイオニアン解釈です


C7はBパートのFm7へのファイブモーションです

ここはGm7-5 C7 と演奏されることも多いです


ポイント

ベースペダルポイントはイントロや冒頭、エンディングで使用されることが多いです。

持続音として使用されるのみならずリズムパターンとしても使用されます

ペダルトーンは原則としてコードトーンまたは、テンションが使用されます

この曲のように転調を伴うシーンでペダルノートを作ることで、転調感が緩やかになりチェンジに一貫性、統一感を持たせることができます


Bパート



Bパートは2種類のⅡⅤモーションがあります

Fm7 Bb7 EbM7 これはEbhe向けたⅡⅤモーションです

そのまま4度進行してAbm7からDb7 GbM7とGbへのⅡⅤモーションが作られます

Fm7 Bb7は次のAパートのEbへ向けたⅡⅤモーションです


整理しよう!

ルートが4度上へ進行する進行を強進行といいます。強進行はつよい進行感を持ちます。この例ではⅡⅤモーションの間に強進行を挟むことで短3度上への転調を作っています



Cパート

Aパートでは、ペダルポイントを作る為にオンコードが使用されていましたが

このCパートでは使われるオンコードでは、ルートを滑らかに進行させるためのリード音としてオンコードが使用されています


Fm7 Fm7/Eb

これは、Fm7からルートが7thに下がり次のDm7-5へと半音で下る滑らかな進行を作っています


Dm7-5 G7-9

Cm(マイナートニック)へ向けたⅡⅤです


Cm7 Cm7/Bb

これも、最初のFm7 Fm7/Ebの流れと同じような仕組みです

Am7-5へ向けて音が流れるように作られています


・Am7-5 D7-9

Gmへ向けたⅡⅤです


・Gm7 C7 Fm7 Bb7

Ⅲm Ⅵ7 Ⅱm Ⅴ7と呼ばれる定番のコード進行です

それぞれGm7 C7はFmへ向けて、Fm7 Bb7はEbへ向けたⅡⅤモーションを作っています




一つずつ、取り上げていくと簡単だね!

今回の例に限らず、オンコードを分析するヒントを紹介します!


オンコードを解釈できるようになろう!

オンコードを分析するには、いくつかの方法があります


例えば

Cm7/Bb というコードがあったとしましょう

「なんかよくわからないなぁ」という気持ちも分かるのですが

なんかよくわからないコードは構成音を考えてみよう!


構成音は

Bb C Eb G Bbです

これをルートに対してどんなインターバルか考えてみると・・・?

Bb(ルート)

C (9th)

Eb(11th)

G (13)


これをBb目線で考えると

Bb7sus4(9,13) こんな表記ができます!


こんな構成音を持つスケールは

・Bbミクソリディアンスケール

・Bbドリアンスケール

などが一般的です!


このように分数コードは、構成音を考えてルートに対するインターバルを整理すると

どんなスケールが想定されるか導き出すことができます!


もっとマニアックなオンコードに関する解説は下記の有料会員エリアから読むことができます!


まとめ

複雑なコードは、構成音を書き出したり、前後の音と比べることで

どんな機能をもつか、あるいは機能を持たないのかが見えてきます

また、スケールも導出することができるので、どんなに複雑なコードでも、構成音を把握できるようになることはとても大切だね!



On Green Dolphin Street完全に理解した


ということでOn Green Dolphin Streetのアナライズ編でした!

オンコードの魅力を引き出すことができると、作曲や編曲、アドリブ演奏の引き出しはとても多くなります!

次回は、アナライズはわかったけど「さて、どう弾いてやろうか」という実践編を更新予定です!



以下は有料ゾーンです

有料ゾーンではもう少し分数コードについて考えを深めて行きます

全てのメジャートライアドに対して分母をCとした時の解釈について紹介します



記事の続きは…

pularko.com を定期購読してお読みください。

留言

無法載入留言
似乎有技術問題。請重新連線或重新整理頁面。
bottom of page